スポンサードリンク

青木沙弥佳

aoki.jpg

青木 沙弥佳(あおき さやか)
1986年12月15日生まれ。身長162cm・体重50kg。
日本の陸上競技選手。岐阜県岐阜市出身。専門は400mと400mハードル。
2007年大阪世界陸上日本代表、2007年バンコクユニバーシアード日本代表。

2005年に県立岐阜商業高を卒業後、福島大学に入学。川本和久の指導を受け日本のトップ選手へと成長した。

2006年、日本インカレで400mハードルに出場し、日本歴代3位となる57秒08の好タイムをマークした。

2007年、日本選手権400mハードルで元日本記録保持者の吉田真希子を押さえ、現日本記録保持者の久保倉里美についで準優勝。日本インカレでは、400mで学生歴代2位となる53秒40を記録し、日本記録保持者の丹野麻美に次ぐ準優勝、400mハードルでは優勝した。これらの活躍が認められ、マイルリレー要員として大阪世界選手権代表に選出された。

2008年、北京オリンピック女子1600メートルリレー代表。
タグ:青木沙弥佳
スポンサードリンク